月別アーカイブ: 2013年5月

独自のRSSサイトを使用する

まとめブログコンテンツに独自のRSSサイトを登録できます。

1.登録したいRSSの名前とURLを入力します。

※現在は「RSS1.0」のみ対応しています

※URLは拡張子が「rdf」のものです

r1

 

2.あらかじめサイトの構造をチェックしていない独自RSSは、正常に見えない可能性もありますので必ずプレビューでチェックしましょう。

r2

 

 

まとめブログコンテンツの作成

まとめブログコンテンツは、

まとめブログの記事を集めて表示するコンテンツです。

※記事は新着順に並べ替えられています

m2

 

1.「コンテンツタイトルを追加する」で「まとめブログコンテンツ」を選択します。

 

m1

 

2.使用するまとめブログサイトを選択します。

m3

 

 

以上で完成です。

※1つのまとめブログコンテンツには、6つ以上のサイトは登録できません。(5つまでしか登録できません)

 

チェックシートコンテンツの作成

チェックシートコンテンツは、

診断やクイズなどで採点し、結果を表示するコンテンツです。

c6

 

1.「コンテンツタイトルを追加する」で「チェックシートコンテンツ」を選択します。

c7

 

2.設問と答えと獲得点を設定します。

※答えは4つの入力欄がありますが、3つ以下でもかまいません。

c2

 

3.設問を登録すると、設問ごとに画像を設定できます。

※設定する画像は「画像一覧」で登録してください。

c4

 

4.結果を登録します。登録すると画像が設定できます。

「タイトルの右側」に「設問」で設定したポイントの獲得範囲を「ポイント範囲」として表示しています。それを参考に結果を登録していきます。

※必ずポイント範囲を網羅する結果を登録しましょう

c5

 

以上で完成です。

 

アプリの作成

1.新しくアプリを作成するには「アプリ管理」の「アプリ一覧」をクリックします。

a1

 

2.「アプリ一覧」画面の「アプリを新規作成」をクリックします。

a2

 

3.「アプリ名」「Bundle Identifer」を入力し、「下記内容で作成する」をクリックします。

※入力内容は後で変更できますので適当に決めてください。

a3

 

4.アプリができました。

「コンテンツ情報へ」をクリックし、「コンテンツ編集」画面にてコンテンツを追加してください。

a4

 

5.コンテンツは「コンテンツタイプ」と「コンテンツタイトル」を決めてから内容を作成していきます。

a5

a6

 

6.どのコンテンツタイプでも同様に「編集する」をクリックして内容を編集していきます。

a7

HTMLコンテンツの作成

HTMLコンテンツはHTMLページを表示するコンテンツです。

HTMLコンテンツ内には複数のHTMLコンテンツを保持でき、最大2階層のコンテンツを作成することができます。

※1つのHTMLコンテンツに2つ以上のコンテンツがある場合に自動でリスト表示され、2階層表示されます。

h7

 

1.「コンテンツタイトルを追加する」で「HTMLコンテンツ」を選択します。

h0

 

2.作成された「コンテンツタイトル」の「編集する」をクリックします。

a7

 

3.「HTMLコンテンツ」画面で「コンテンツを追加する」をクリックします。

h1

 

4.「HTMLコンテンツ編集」画面で「コンテンツ名」と「コンテンツ内容」を入力し、「この内容で登録する」をクリックするとHTMLコンテンツが作成されます。

h2

 

5.また、画像を挿入する場合、挿入箇所をカーソルでクリックした上で「画像の挿入」アイコンをクリックします。

h3

 

6.画像のURLを入力するか、アプリビルダーに登録している画像を使用するかを選び、「画像の挿入」をクリックします。

※幅と高さを入力して画面に収まるようにしてください(縦横比を計算するのが面倒であれば幅を300とだけ設定してください)

h5

 

7.「この内容に変更する」をクリックして変更内容を保存しましょう。

h6

 

画像の登録

アプリ内で使用する画像をアプリビルダーに登録する方法です。

1.「画像管理」の「画像一覧」をクリックします。

i1

 

2.「ファイルを選択」で登録する画像ファイルを選択し、「画像を登録」をクリックします。

i2

 

 

以上でアプリビルダーで画像が使用できるようになります。

 

HTMLコンテンツ内にリンクを追加する

HTMLコンテンツ内にリンクを挿入するには、

h1

ツールアイコンの h3「HTMLを編集」 をクリックし、

「HTML編集モード」に切り替えると、リンクタグを記入しやすくなります。

h2

また、リンクアドレスの最後尾に「#open」を追記することで、確実に外部ブラウザが起動するように指定できます。

例)href=”http://google.com” → href=”http://google.com#open”

※「#open」の追記は必要なくなりました。また既に追記している場合は削除する必要はありません。

 

ナビゲーションバーや背景色を変更する

アプリ上部のナビゲーションバーや背景色を変更することでアプリの雰囲気が変わります。

n1

 

1.「アプリ編集」画面の「ナビゲーション色」をクリックし、好きな色に変更し「下記内容に変更する」をクリックします。

n2

 

2.プレビューなどでナビゲーションバーの色が変更されていることが確認できます。

n3

 

3.背景色は「コンテンツ情報へ」をクリックし「コンテンツ編集」画面の「背景色」をクリックし、好きな色に変更し「下記内容に変更する」をクリックします。

n4

 

4.プレビューなどで背景色が変更されていることが確認できます。

n5

 

ホーム画面のスタイルを変更する

アプリの起動時の画面は、通常は「リスト表示」ですが

n5

 

「コンテンツ編集」画面で「ホーム画面」を「ボタン表示」に変更し、「ボタンの種類」を選んで「下記内容に変更する」をクリックすると

s1

 

ボタン表示に変更できます。

s2

 

 

トップ画像を設定する

「コンテンツ編集」画面で「トップ画像」に画像をアップロード(ファイルを選択し、「下記内容に変更する」をクリック)すると、

top1

アプリのトップ画面に画像を設定することができます。

top2